ゴルフ会員権

ゴルフ会員権はシントクゴルフ

無料相談はお気軽に!
安心の保証書発行
ゴルフ会員権のシントクゴルフ  ゴルフ会員権TIPS(知恵袋)  会員制ゴルフクラブの種類
 

ゴルフをやる人は

  • 友達ができます
  • 皆さん元気です
  • 皆さん若々しいです
  • 皆さん健康です
  • 楽しく明るいです

皆さんゴルフをしましょう!

ゴルフコース視察プレー同行
アコーディア,PGM名変料割引制度
 

ゴルフ会員権の知恵袋

会員制ゴルフクラブの種類

ゴルフ会員権TIPS | ゴルフ会員権とは | クラブの種類 | ゴルフ会員権の種類 | ゴルフ会員権の相続 | 確定申告(損益通算)

会員制のゴルフクラブは大きく分けると2種類になります。

株主会員制クラブ

株主会員制クラブとは、入会に必要な金額を株主としてクラブに出資する形態をいいます。
会員へは株券が発行され、経営会社の株主として、株主総会の出席議決権を行使し、クラブの経営に参加ができます。
クラブが解散となる場合、全資産を持株比で分配を受ける権利があり、これを受益権といいます。
株主会員制クラブの相場評価が高いのは、これらのメリットからです。



預託金制クラブ


預託金制クラブとは、入会に際して一定の金額(預託金)をクラブ(経営会社)に預けて会員となる方式で、現在のゴルフ場に最も多いタイプです。
会員へは「預託金返還請求権」と「ゴルフ場施設優先利用権」が与えられます。
経営会社はその預託金を原資としてコース造営にあたり、預託金は無利息で一定期間据え置かれます。
据置期間後、経営会社は会員に対して、預託金を返還する義務を有しますが(会員側からは「預託金返還請求権」といいます)、現状では民事再生申請や自己破産申請などにより、額面通りに守られていないのが現状です。
なお、この制度の場合、会員はクラブの運営には参加出来ますが、経営会社の経営に対してはタッチ出来ません。
預託金制クラブの会員権は一部の例外もありますが殆どが譲渡可能で、流通性と市場性に富んでいる会員権と言えます。

 
 
ゴルフ会員権情報、どこにでもお取引に伺います