ゴルフ会員権

ゴルフ会員権はシントクゴルフ

無料相談はお気軽に!
安心の保証書発行
ゴルフ会員権のシントクゴルフ  ゴルフ会員権TIPS(知恵袋)  ゴルフ会員権の相続と売却
 

ゴルフをやる人は

  • 友達ができます
  • 皆さん元気です
  • 皆さん若々しいです
  • 皆さん健康です
  • 楽しく明るいです

皆さんゴルフをしましょう!

ゴルフコース視察プレー同行
アコーディア,PGM名変料割引制度
 

ゴルフ会員権の知恵袋

ゴルフ会員権の相続と売却

ゴルフ会員権TIPS | ゴルフ会員権とは | クラブの種類 | ゴルフ会員権の種類 | ゴルフ会員権の相続 | 確定申告(損益通算)

ゴルフ会員権は相続が可能です。
相続したゴルフ会員権は会員として利用することも第3者に売却することもできます。
詳細は以下の通りです。

相続したゴルフ会員権を会員として利用するには


名義を書き換えて使用します。具体的には、ゴルフ場所定の用紙に必要事項を記載の上、名義書替料と共に提出する事で、会員権の名義を被相続人から相続人へ変更することが可能です。ゴルフ場によっては諸条件が異なっていたり、相続の優遇措置があったりしますので、事前に問合せいただいたほうが良いと思います。



必要な書類等


各ゴルフ場規定の入会用書類以外に、一般に会員権を相続するために必要な書類は以下になります。
(詳しくはゴルフ場にお尋ねください)

  • 戸籍(除籍)謄本 被相続人の死亡と相続人との関係確認のため必要です。
  • 相続同意書    ゴルフ会員権を相続する相続人を確認するために必要です。 ゴルフ場によって書式が異なる場合がある為、事前の確認が必要です。 全相続人の住所・氏名・実印捺印が必要となります。
  • 印鑑証明書    上の相続同意書に捺印した相続人全員の分が必要になります。


相続時にかかる税金について


ゴルフ会員権の相続時には、相続税が課税されます。
取引相場のある場合は『通常取引価格の70%相当額』が、相続税算出時の評価額となり、相続税が算出されます。
なお、相続税は相続財産の総額より算出されます。



相続したゴルフ会員権を売却するには


実際に売却するまでは、被相続人の名義のままで所有できますが、ゴルフ場によっては年会費の優遇措置など実施している所もあるため、早めに連絡をしておいた方が良いでしょう。売却のために必要な手続や書類は、上記のものをほぼ同じですが、ゴルフ場によっては、売却の前に名義書換が必要になります。具体的な内容についてはお問合せください。



ゴルフ会員権を相続し売却した場合にかかる税金


相続税と所得税(売却益)について課税対象となります。
相続税については上記の通りです。
所得税はゴルフ会員権の売却で生じた利益(又は損失)を、相続人の総所得に算入して計算されます。



ゴルフ会員権売却による利益または損失の計算法


売却益(売却損)=売却収入−取得費用−売却費用

ゴルフ会員権の取得費用とは、被相続人(故名義人)の取得価格(名義書換料・取引手数料等含む)になります。被相続人が購入した価格よりも高い金額で売却すると利益(売却益)が出る、被相続人が購入した価格よりも低い金額で売却すると損失(売却損)が出る事になります。



ゴルフ会員権売却で利益(売却益)が出た場合


(売却額)>(取得費用)+(売却費用)

売却益に対して課税されますが、ゴルフ会員権保有期間も関係してきます(長期=5年超か短期=5年以内か)。



ゴルフ会員権売却で損失(売却損)が出た場合


(売却額)<(取得費用)+(売却費用)

確定申告をすれば他の所得よりその損失を差し引いて税金が計算されます。
これによって課税対象金額が減少し、所得税の還付と、住民税の軽減が受けられます。
但し、この制度(ゴルフ会員権の損益通算)は、度々廃止が議論されていますので、税制が変更になる前にご利用いただく必要があります。
お早めにご相談ください。



相続したゴルフ会員権を売却する場合は3年以内に!


相続税と売却時の所得税とは別個に算出されますが、相続税の申告期限から3年以内の売却の場合は、収めた相続税の一部を相続財産の取得費として、税負担の調整を図る特例が認められています。
売却をされる場合にはお早めにご相談ください

 
 
ゴルフ会員権情報、どこにでもお取引に伺います